夫がデリヘル嬢と浮気関係にありました -別れさせ屋工作体験談-

旦那の浮気調査を別れさせ屋に。夫がデリヘル嬢と浮気関係にありました -別れさせ屋工作体験談-夫と私はお互いに20代後半になってからお見合い結婚をしました
子供はまだおらず、でも30歳までには欲しいなと思っていたのです。
出会いはお見合いではあるものの1年間の交際期間があって、お互い愛し合っていると思っていました。

しかし結婚1年半程した頃から、私に対しての態度が雑というか、冷たい感じがしました。
休みを合わせて一緒に出掛けようと言っても「友人と出かけるから」と断られ続け、家ではずっと携帯を見てばかりです。
携帯を肌身離さないようにしているみたいで、お風呂やトイレへ入る時も持ち込んでいました。
以前はそんな事なかったのに、と何だか怪しいと感じたのです。

この怪しさは、平日にも目に留まるようになりました。
平日も、そこまで残業がなかったのにもかかわらず最近では午前0時を回る時間に帰宅することが増え、どうしたのかと尋ねると「残業」の一点張り。
ですが残業といっている割には、何となく女性のようなほのかな香水の香りもしますし、おかしいなという違和感がありました。

そんな矢先、夫の携帯から着信が・・・。
夫の携帯の画面を見てみると画面には知らない女性の名前が堂々と出ていたのです。思わず私は無言のまま出てみる・・・なんていう勇気は当然なくそのまま携帯が切れるのを待ちました。
これは何かあると思い、電話がなり終わった後にメールをチェックしてみることにしたのですが、メールをみてみると、何とその着信の相手と同じ女性のメールがずらり。
メールの内容は、明らかに浮気をしている証拠となる内容のモノばかりで、もう私は放心状態で気を失うかと思いました。

夫の浮気調査。夫がデリヘル嬢と浮気関係にありました -別れさせ屋工作体験談-夫の浮気をまさか自分が経験するなんて、本当に予想外でどうしたらいいのかわかりませんでした。ただただ焦っていたものの、夫に問いただす自身がなかったんです。
ですがそんな私を横目に夫は、残業とうそをつき、より遅い帰宅ばかりしてくる日々。
休日だって、自宅にいません。そんな状態でじわじわと私を追い詰め、着々とこれと同時に夫の態度も私に対して冷たくなっていきました。当然、このような状態で子供を作ろう、なんていう雰囲気ですらなれませんでしたね。離婚したいとか、復縁したいとか、先のことは考えられませんでした。
ですが、何となく両親には申し訳ないですし、周りの友達にも恥ずかしくて相談をすることができませんでした。
だからといって自分ひとりでどうにかしようと思っても、どうしたらいいのかわからない・・・。そんな時に復縁屋?別れさせ屋をネット上で知ったんです。
別れさせ屋は、様々な案件に対応していることや、エキスパートな方々がそろっているということもあり、ここならしっかりと依頼をしたら解決することができそう、そう感じたんですよね。またこれなら大事にならずに、しっかりとこの夫の浮気を解決することができ、また周囲にもばれずに結婚生活を送ることができるのかも!そう感じたのです。

風俗?デリヘル?夫の浮気理由を暴いた別れさせ屋

思い切って、相談は無料のようでしたので、相談をしてみました。
もし相談をした際に、自分とは合わないなと思ったらやめればいいだけだと感じたからです。ですが予想外(!?)にもとても親身になって、相談に乗ってくれたので、私も相談の際に号泣してしまったんですよね。そして、ここならお任せできると確信したのです。
早速、私は別れさせ屋対応に必要になってくるので、状況なども詳しく説明しました。
説明をしていくにつれ、だんだんと自信につながっていったのも覚えています。
別れさせ屋の工作員の方も、本当に慎重に行動してくださったのは、ありがたかったですね。
調査の結果、夫は風俗に頻繁に通っていたようで、お気に入りの風俗店がいくつもあったことにも驚きましたが、それ以上にそのうちの1人のデリヘル嬢にかなり夢中になっているということも知り、この事実にもびっくりしました。
デリヘル嬢自体の年齢も、私よりも若い世代でしたので、この辺りにも複雑な気持ちを抱いてしまいましたね。

デリヘル嬢と?浮気?風俗?。夫がデリヘル嬢と浮気関係にありました -別れさせ屋工作体験談-私の相談内容や浮気調査の結果をもとに、別れさせ屋工作が出来上がり、いよいよこれをもとに別れさせ工作がスタートしました。
もちろん、工作員の方が浮気相手の方に接触して夫と別れさせようとしている間、夫がなぜ浮気を風俗嬢であるデリヘル嬢としたのかという理由も突き止めていたので、この理由を解消することができるように私も努力を開始することにしたのです。
私たち自体がそもそもお見合いだったので、ときめきが足りなかったことやどちらかというと私は堅物な人間で、夫に対して女性らしさを出すことができていなかったことも原因となり、夫が浮気に走ったようでしたので、自分自身も女性らしい人間へ変わる必要があったのです。
もちろん最初はどうしたらいいのかわからず、思い悩みましたがいろいろと相談に乗ってくださりこちらも頑張って改善する努力をしたおかげか、努力が報われるように変化していきました。

別れさせ屋の工作員の方のおかげもあり、今では夫はデリヘルや風俗に出向くこともなくなり、私にしっかりと振り向いてくれたようで離婚の危機を乗り越えることができました。
風俗通いをあれだけ夫がしていたのに、気づかなかった私も妻として至らなかったなと思ったりもしたのですが、おかげで女性らしさのある女性に自分も変化することができますます夫との関係も良好になったので、別れさせ屋に依頼をしてしっかりと浮気を食い止めてもらうことができてよかったなと思っていますね。

見事な別れさせ屋(工作)と復縁工作で浮気相手が旦那を諦めてくれました!

旦那と別居して一か月が経ちました。

最初は「親が離婚しろといってるから、とりあえず俺が家を出るわ」と、訳わからないことを言って出て行ったのですが、後で友達に教えられたのは、女が居たからでした。
それを聞いた時は、腹が立って頭にきて、旦那の残していた洋服をハサミでずたずたに切り裂いても、気が収まらなかったので、探偵事務所に浮気調査を依頼しようとしたのですが、一か月経ち気持ちも落ち着いて来たら、今度は無性に寂しくなってきたのです。

頭に来たのも、腹が立ったのも旦那をまだ愛していたからなのだと、改めて気付いたのです。
そのことを友達に相談すると、友達から「別れさせ屋、復縁屋ってあるらしいよ!」と教えられ「頼めば元通り復縁させてくれるみたいだから、相談してみれば・・私たちじゃ何もしてあげられないから」そう言われて、私は相談することにしました。

ネットでサイトを検索して、電話番号を調べたのですが、多くの方の体験談を見ていると「ここに頼めば復縁できるかも知れない」と希望が湧いてきました。

復縁屋、別れさせ屋へ相談しました

早速電話をして事情を話すと、担当の復縁カウンセラーの方が、復縁工作の計画を作成して連絡をくれるとのこと。連絡は意外に早く、翌日には電話がかかってきました。
詳しく話をして、契約や復縁の可能性、費用について聞きました。そして契約して、私の復縁がスタートしました

ヒアリングでは、ものすごくたくさんのことを聞かれて、その中には旦那の友達のことやその連絡先もありました。電話番号を知っているのは数人しか居ないので、それでもいいのか尋ねると大丈夫とのこと。その数人の連絡先も担当者に伝えました。
復縁屋の担当者の人は、私の友達の中で旦那とも知り合いだった友達を見つけ出して、そこから今の旦那の状況を突き止めてくれたのです。
旦那の浮気相手は、旦那の高校時代の同級生だったようで、そう言われると旦那が高校の同窓会に行ってから少し様子がおかしかったのを思い出しました。
今はその同級生のマンションに転がり込んでいるらしく、会社にはちゃんと言っているようでした。次に担当者の人は旦那の親しい友達の傾向を分析して、友達経由でに旦那に直接接触してくれました。
そして、冗談という丁で、女性ぽい内容をLINEで旦那に送りました。

「今夜はありがとうごこざいます。熱い夜でしたね!」

名前も、わざと男か女か分からない名前にしたそうです。

本当は男性からの連絡なので、旦那特に気に掛けませんが、浮気相手の女はそうはいきません。
復縁屋の担当者は、浮気相手の同級生の女がとても嫉妬心の強いことを突き止めたので、それを利用したとのことです。
旦那が携帯に出なくても、何らかの着信があったことは女にも判ります。しかも食事の時ですから、バレバレです。もし、旦那がいつも携帯を持っているのにどこかに置いていれば、それはそれで怪しまれます。

計画通り、同級生の女は旦那にさらに女が居ると思い込み、それを否定する旦那とだんだんと喧嘩が増えてきて、とうとう旦那をマンションから追い出してしまったのです。
そのことを知った担当者から私に連絡があり「今すぐご主人に連絡して、寂しいから帰って来て!と言ってください」と言われました。
その時は、旦那の状況は知らされて居なかったので、なんでだろうと思いながらも、言われたとおり旦那に連絡すると「本当に帰っていいのか?」と聞かれ「いいよ!」とだけ答えて電話を切りました。

1時間ほどすると、旦那がケーキを持って帰って来たのです。私は本心から嬉しかったのです。
担当者からは、復縁工作の仕上げは「私が浮気の事を口に出さないこと」だと、言われていたので今も旦那には話をしていません。
でも、そんなことはどうでも良くて、今旦那が傍にいることが一番幸せなのですから!
復縁屋の見事な復縁工作で、無事旦那と復縁出来て本当に良かったです。

見事な復縁工作で浮気相手が旦那を諦めてくれました!

年齢

30代前半

相手の年齢

30代前半

職業と住んでるところ

岡山県 歯科技工士

相手の職業と住んでるところ

岡山県 欧風レストラン主任

趣味

神社・仏閣巡り

相手の趣味

トレッキング

※ご相談者、体験応募者のプライバシー保護のため、お名前、職業、内容を一部修正しています。
復縁屋株式会社では、相談者の復縁のためのせいいっぱいの努力を行っています。
復縁の可能性は、100%ではありませんが、復縁屋の専門スタッフと、ご相談者様の努力によって、可能性は格段に上昇します。ここに記載された復縁事例は、成功例にひとつであり、失敗事例もございますが、どうぞ、復縁したいという想いの時は、未来の可能性を運命にするための、弊社復縁相談窓口くまでご相談いだたければと思います。

復縁屋株式会社復縁相談・復縁工作サポート費用・料金体系

彼と子供の3人の、幸せな暮らしが戻ってきました!

遠距離恋愛していた彼と、同棲を始めました。同棲して1年ちょっと経過した時に彼が部屋に戻ってくる回数が、少なくなってきて、とうとう彼が戻って来なくなってから半年経ってしまいました。
私たちの同棲は、半同棲といった方が正しいと思います。私はバツイチで和歌山で仕事をしています。子供が一人いて、保育所とか私の仕事のこととかで、和歌山を離れることが出来ないのです。
彼は、鳥取で仕事をしているので彼も鳥取を離れることが出来ないので、週末やまとまったお休みの時に、彼が和歌山に来て、私と子供と3人で過ごす生活でした。
彼は単身赴任してると思えば、同じことだね。と優しく言ってくれていたのです。
戻らなくなっても、連絡は取りあっているので元気なのは安心なのですが、やはり寂しいです。
他に好きな人でもできたのかと心配になり探偵事務所に浮気調査をしようかと思ったのですが、思い切って彼に戻ってこない理由を直接聞くと、最初は「仕事が忙しくて休みが取れない」と言っていたのですが、半年も休みなしな訳はありませんし「どうしたの?嫌いになった?」と、勇気を出して聞いてみたのです。
答えを聞くのが怖かったですが、彼の答えは「行き来する交通費が大変で、ちょっと節約したいんだ」との返事でした。
「嫌いになった訳じゃ無いんだ!」と聞き返すと「違うよ、好きな気持ちは変わってないよ」と言ってくれました。
でも、好きならせめて一月に一回くらいは、戻って来てくれてもいいのでは・・・本当の気持ちは、そこにあったのです。
私には信頼できる、由香(仮名)と言うママ友がいます。私と彼のことも知っていて、良く家族でバーベキューをして交流していました。先日、ママ友の集まりがあったそのあとに、由香に話を聞いてもらったのです。
その時に、復縁屋や別れさせ屋の事を聞き、一度相談してみようと思い復縁屋に連絡をしました。

復縁屋、別れさせ屋へ相談しました

最初のカウンセリングでも丁寧に話を聞いてくれたので、思っていたより信頼出来ると感じれたのです。
復縁したいとうことを一生懸命伝えました。その後「復縁工作によって復縁へ進むよう工作を開始します」と連絡がありました。私はどうやって復縁出来るのか、まだ不思議な状況でしたが、任せた以上待つしかありません。
数日後、復縁屋の担当復縁カウンセラーの方から連絡があり、彼が戻ってこないのは交通費では無く、私と付き合うことでママ友との付き合いもしないといけない事が、精神的にも経済的にも辛くなってきたとのことでした。
どうすれば良いのか、復縁カウンセラーの方に相談してみると、私が子供と一緒にかれと本当に暮らしたいか、今の生活を守りたいか、どちらが良いのか考えてください。と言われました。
子供がいるからと、確かに私の環境に彼を押し込んでいました。彼は、子供にも優しく子供も慕っているので、安心していつか彼が和歌山に来てくれると思っていたのです。
子供に彼と一緒に暮らしたい?と聞くと「お母さんと3人で一緒にいたい」と言ってくれたので、思い切って覚悟を決めました。
そのことを、復縁カウンセラーの方に伝えて復縁させてください。とお願いしたのです。それから復縁工作が再開され、復縁カウンセラーの方は私から相談を受けたことを彼に伝えた上で、3人が一緒に暮らすプランを考えてくれました。
幸いにも私は一級建築士のなので、建築事務所で働くことが出来ますし、彼は建築会社の主任なので、彼の口利きで私の仕事を探してもらいます。
彼のマンションに引っ越すとして、近所の保育園の空き状況、引っ越しの費用など、本当に細かいところまで調査して、アドバイスしてくれたので、とても助かりました。
そしてついに、すべてのプランが完了し、復縁することとなったのです彼のいる鳥取で彼の環境の中に私たちが入っていくことで、彼が持っていたしんどさは解消されますし、交通費もかかりません。その分、家賃や子供の保育費に回せるので、暮らしも楽になって来ます。
復縁屋さんの復縁工作のおかげで、彼との復縁が成功し、楽しく幸せに3人で暮らしています。もう少ししたら、正式に籍をいれる予定です。
これも、アドバイスされなかったら、気付かずにいたでしょうから、本当に感謝しています。

彼と子供の3人の、幸せな暮らしが戻ってきました!

年齢

30代前半

相手の年齢

20代後半

職業と住んでるところ

和歌山県 一級建築士

相手の職業と住んでるところ

鳥取県 建築会社設計部主任

趣味

油絵

相手の趣味

サーフィン

※ご相談者、体験応募者のプライバシー保護のため、お名前、職業、内容を一部修正しています。
復縁屋株式会社では、相談者の復縁のためのせいいっぱいの努力を行っています。
復縁の可能性は、100%ではありませんが、復縁屋の専門スタッフと、ご相談者様の努力によって、可能性は格段に上昇します。ここに記載された復縁事例は、成功例にひとつであり、失敗事例もございますが、どうぞ、復縁したいという想いの時は、未来の可能性を運命にするための、弊社復縁相談窓口くまでご相談いだたければと思います。

復縁屋株式会社復縁相談・復縁工作サポート費用・料金体系

[復縁]大好きな彼女とこれで結婚できます!彼女を戻してもらえて感謝です!

俺には同棲して1年になる彼女がいます。付き合ってから3年以上経ちますし、彼女も37歳と年齢も行っているので、来年には結婚して子供も作りたいと思っていたのですが、先日彼女から別れたいと言われたのです。
俺にすれば寝耳に水ってやつで、どうしてそんなことを言い出したのか全く分からない状態で・・
何を聞いても「結婚の価値観の相違」だと言って訳がわかりません。もう、どうしたらいいのか分からなくなって、ネットを見ていたら復縁屋と言う、別れた寄りを戻してくれるところを見つけました。

復縁屋、別れさせ屋へ相談しました

誰に相談していいのか分からない状態だったので、迷わずに電話して復縁出来るように依頼をしたのです。
依頼から少し時間が経って、復縁屋の復縁カウンセラーの方から連絡をもらいました。「傍に彼女がいますか」と聞かれ、まだ帰っていないと伝えると、これから伝えることを冷静に受け止めて、それでも復縁したいと思うなら、復縁工作を考えましょう。と言われたのです。
俺は、ドキドキしながら「分かりました」と伝えて復縁カウンセラーの方の話を聞きました。俺にとってはとても大きなショックな事で、一瞬目の前が真っ暗になってしまいましたが、復縁カウンセラーの方の「大丈夫ですか!?」との声で、我に返りました。
彼女が結婚したくない理由は、浮気をしたからだそうです。調査した結果、その浮気は一回きりの事でお酒も入っていたし、本当に魔がさした出来事だろうと復縁カウンセラーの方は言ってました。

彼女は、百貨店の中にあるショップの店員をしていて、そのショップは百貨店が親会社の経営でした。そういえば3ヵ月ほど前に、百貨店の大きなイベントがありその打ち上げで、朝帰りしたことがありました。
話を聞くと、どうやらその時に間違いを起こしてしまったようなのです。相手の男は、彼女より10歳も年下で恐らく酔った勢いで、そうなったのだろうと思います。
復縁カウンセラーの方から「復縁はどうしますか?」と聞かれました。別れさせ屋や探偵事務所に浮気調査をしてもらって別れてしまおうとも思ったのですが、どうしても俺は彼女と別れられないし、彼女に俺の子供を産んで欲しいと思っているので「ぜひ、そのまま進めてください」とお願いしました。
復縁カウンセラーの方は「では復縁工作を開始しますが、今回は同居されているので、途中での連絡は復縁工作に影響するかも知れないので、こちらからは連絡を控えます。毎週水曜日と火曜日の15時に定期的にごご連絡いただけますか?」そう言われたので、俺は「復縁出来るなら全て任せます」とお願いしました。

それから、彼女は休みの時には家に居ない事が多くなってきたのです。
一応調査の進展や、状況とかを定期的に聞いては今したが、何も無かったように彼女と話をするのは、結構難しく、とても大変で、浮気相手のことを考えると一人吐いたりしていました。
それから程なくして、そんな心配も吹っ飛ぶ日がやって来たのです。
ある日彼女が仕事から帰って来て、俺に「ねぇ、ここに来てくれる」と言って来たのです。「なに?」と俺は彼女の前に座ったとたんに「ごめんなさい!」と、誤ってきました。

「なんだ、なにが起きたんだ!?」と一瞬、訳が分かりませんでしたが、彼女の口から「私、男と寝ちゃったの!別に愛情があるわかじゃ無いんだけど、その、酔ってて・・とにかくごめんなさい!私が本当に好きなのは徹だけだから!」そう言って今度は泣き始めました。

そうか、復縁屋のひとの誘導が先行したんだと直ぐに分かりました。
俺は、じっと目を閉じて、深く考えて、本当に心の底から、「うん。分かった。」そう言って彼女の頭を撫でてやって、おでこにキスしました。すると彼女はさらに号泣して、俺に抱き着いてきたのです。

落ち着いた彼女から、復縁工作の全てを聞きました。復縁カウンセラーの方は彼女を呼び出して、俺が別れたくないと悩んでいることを伝えて、彼女の本当の恋持ちを聞き出してくれていたのです。
そして、俺が彼女に子供を産んで欲しいことを伝えた時、彼女は俺に謝って許してもらおうと思ったそうです。
過ちとは言っても、違う男と浮気してしまったことは、彼女にとって自分を許すことが出来なくなり、俺に申し訳ないから、自分が身を引く覚悟だったようです。
何にしても、俺にとって彼女はかけがえの無い女性なので、復縁出来て本当に良かったです。

大好きな彼女とこれで結婚できます!彼女を戻してもらえて感謝です!

年齢

40代前半

相手の年齢

30代後半

職業と住んでるところ

徳島県 電車運転士

相手の職業と住んでるところ

香川県 百貨店内のアパレルショップ店員

趣味

犬2匹・シェパードと散歩・ドッグラン

相手の趣味

異業種交流会参加

※ご相談者、体験応募者のプライバシー保護のため、お名前、職業、内容を一部修正しています。
復縁屋株式会社では、相談者の復縁のためのせいいっぱいの努力を行っています。
復縁の可能性は、100%ではありませんが、復縁屋の専門スタッフと、ご相談者様の努力によって、可能性は格段に上昇します。ここに記載された復縁事例は、成功例にひとつであり、失敗事例もございますが、どうぞ、復縁したいという想いの時は、未来の可能性を運命にするための、弊社復縁相談窓口くまでご相談いだたければと思います。

復縁屋株式会社復縁相談・復縁工作サポート費用・料金体系

相手の男性に騙されずに済みました!

と愛子(仮名)は、約3年ほど前に知り合って1年ほど前から同棲を始めました。僕は、自分いうのも変ですがIT会社を起業して何とか成功し、今では社員10名ほどの小さな会社ですが、社長をやっています。
収入もそこそこありますし、愛子には不自由ない生活をさせていたはずなのですが、半年前に突然マンションを出て行ってしまったのです。
ラインに突然「出ていきます」とだけメッセージが入って、慌てた僕は直ぐに愛子に電話をかけました。でも、愛子は出てくれません。何度かけても出てくれないので、出て行った原因さえも判らないまま半年が過ぎました。
社長と言う立場でもあり、愛子と同棲していたことさえ周囲には内緒にしていたので、誰にも相談できずにモンモンとした日々が過ぎて行っていました。

偶然、愛子の友達と食事をする機会が出来て、その時勇気を出して愛子のことを話してみたのです。
友達は既に愛子が出て行ったことは知っていたようで、僕が理由を聞くと最初は「聞かないほうがいいよ」と話してくれませんでしたが、何度もお願いしているうちに愛子には内緒でという約束で、理由を教えてくれたのです。
理由は、僕が愛子を溺愛していたことにあったようで、愛子はもっと自分の仕事がしたいと言っていたそうです。
愛子は自宅でWEBデザイナーをしていて、クライアントの打ち合わせで週に1,2度その会社に出かけます。
僕はその時、必ず迎えに行くのですがどうやらそれも疎ましかったようで、いつも監視されてるようで窮屈に感じていたようです。その愚痴をクライアントの担当にしている内に、親しくなり今はその男性のところにいるとのことでした。

今でも駆けつけて連れ戻したい思いでしたが、そんなことをしても逆効果なのは判っていますし、どうすれば良いのかまったく判断が出来ない状態だったのです。
仕事も身が入らない毎日で、これではいけないと思いつつも、どうすることも出来ない自分が歯がゆかったです。
そんなある日の昼食時、いつもは社外にいるのですが、僕は珍しく会社に戻りました。すると、社員達がネットを見ながらしている会話が耳に入って来ました。
「復縁屋」ってなんだか怪しい会社だね。どんなことしてるんだろう。探偵事務所で浮気調査とかをするのとは違うのかね。でも別れさせ屋、復縁工作ってまるでテレビドラマじゃん。
その会話がなんだか引っかかっていて、さっそくネットで検索してみました。体験談を見ると多くの方が復縁を成功させてもらっているではありませんか!
実際に100%信じた訳では無かったのですが、誰かにこの中途半端な状態から救って欲しくて、復縁屋に電話をしてみました

復縁屋、別れさせ屋へ相談しました

事情を細かく説明して、カウンセリングを受けたのですが、その時に担当してくれた復縁カウンセラーの方はとても親身に真剣に僕の話を聞いてくれたのが、とても嬉しくてそれだけで、心がかなり楽になりました。
その後、復縁工作のスケジュールと内容が決まり次第連絡をもらう約束となり、僕は心待ちにして連絡を待っていたのです。
3日ほど経って復縁カウンセラーの方から連絡が入り、来週から復縁工作を実行するとのこと。愛子が戻って来てくれるのが一番なのですが、戻ってこなくてもきちんと終わりたかったので、そのことも復縁カウンセラーの方に話をしたのですが、逆に「復縁を強く願っていないと成功しませんよ」と言われてしまいました。

復縁カウンセラーの方は、愛子が一緒にいる男性の調査を行った結果、男性には妻子がいることが判ったそうです。正確には内縁の妻と子供になるそうですが、子供の認知もしていて結婚をしていないだけの繋がりのようでした。
復縁工作は先ず、男性の会社に連絡をしてWAB広告を作成したいので、ぜひ案件の担当を男性にして欲しいとお願いしたそうです。会社は男性は営業ではないので、営業マンを一人つける条件でOKして、初回の打ち合わせとなりました。
復縁工作の目的は、男性のメルアドを獲得したいだけだったので、営業マンがついてきても何の問題も無く予定通り打ち合わせで男性の名刺をもらうことに成功したのです。
もちろんWEB広告の話は、最終的には断る予定で話を進めていきます。男性のメルアドに次回の打ち合わせは、WEBデザイナーの方も同席をお願いしたとLINEをして、デザイナーは愛子を指名しました。他の会社の知り合いから、腕の良いデザイナーだと聞いたのでぜひとお願いすれば、断る理由はないはずなので、必ず愛子も同席となるはずです。
次の打ち合わせも、作戦通り男性と愛子の二人が出席して行われました。そこで、愛子の名刺ももらいます。名刺には愛子の携帯番号、PCのLINEアドレスが載っていました。電話番号もPCのメルアドも僕は知っていますが、いきなり連絡をすれば怪しまれますので、遠回しにクライアントとして連絡先を知れば、電話をかけても怪しまれないとの作戦でした。

僕はそこまで徹底するのは、凄いと舌を巻いてしまうほど、よく考えられていることに感心するばかりです。
しかも、愛子を呼び出した当日は男性は遠方に出張の予定であることも織り込み済なので、打ち合わせは完全に愛子と復縁カウンセラーの方の二人となります。
会う時間は午後2時、少し遅めのランチということにしたのは、ランチタイムを過ぎればレストランのお客も少なくなることを計算しての時間設定でした。
愛子と会ってデザインの話をしている時に、開いた資料をそのままに会社にデザインの件で連絡してくると、復縁カウンセラーの方が席を離れます。この時、男性と内縁の妻、子供3人が仲良く遊んでいる写真を資料に混ぜておくのです。
自分が席を離れている間に、その資料に目を通しておいてほしい事を伝えて席を離れれば、愛子は一人で資料を確認して男性の写真を必ず見る段取りなのです。
他の復縁カウンセラーの方が、店の外から愛子の行動を確認していて、写真を確認したことを復縁カウンセラーの方に知らせて、席に戻ります。
当然、愛子は「なんでこの写真が資料に入っているのですか?」と復縁カウンセラーの方に尋ねますよね。「先日、公園でお見掛けしてあまりに仲が良いご家族だったので、写真を撮らせて頂いたのです。お渡しするつもりでプリントアウトしたのですが、一緒にしてしまってたのですね」とダメ押しをします。

男性は愛子には、内縁の妻のことも子供のことも内緒にしていたので、愛子が驚くのは当然です。
そしてさらに追い立てるように「あれ?奥さんのことご存じ無かったのですね。本当に仲の良いご家族でしたよ」と。
愛子は気分が急に悪くなったと言って、帰ってしまったそうです。でも、これが復縁工作の狙いだったので、作戦はひとまず成功となります。
最後の仕上げは、今回愛子の友人に協力してもらうことを承諾してもらいました。相手の男性に家族がいることを説明して、僕の元に戻った方が愛子の為になると納得してもらい、協力を依頼したのです。

友人は、さりげなく愛子に連絡をして男性と上手くいってるかを聞きます。すると、愛子の方から写真の話を持ち出して友人に騙されたと泣きながら言ったそうです。
友人は、知らない振りで「男性にきちんと聞いてみたら?もしかしたら間違いかもしれないよ」と言って、愛子が直接男性に確認するように伝えます。「ただ、愛子一人じゃ心細いし心配だから、私もついて行ってあげる」と仕上げにかかります。
数日後、男性と愛子、愛子の友人の3人は、喫茶店で会って話をしたそうです。愛子が「家族がいるって本当?」と男性に聞くと、男性は「そんな話誰に聞いたの?そんな家族なんていないよ!だって俺、結婚もしてないしさ」と、やはり嘘をつきますが、すかさず友人から「家族がいないのは本当なのですね!?もし、嘘だったら裁判所に訴えますよ」と、強気に迫ります。
少し男性は怯んだ様子ですが「いいよ!だっていないものは、いないんだから!」と開き直った態度です。さすがに愛子も疑い始めていて「クライアントさんが偶然あなたの家族の写真撮ったんだって、私その写真見たのよ!」そう言うと男性は、青ざめて何も言えなくなったそうです。

実は復縁カウンセラーの方が、愛子と別れたその足で写真を会社に持っていき、出張から戻ったら渡して欲しいと、受付に頼んでいたのでした。ですから、男性はその写真の存在を知っていたのです。
友人は、青ざめた男性に強く確認します。「本当に家族はいないのですね!写真があってもいないといえるのですね」そう言うと男性は突然「申し訳なかった!」と頭をテーブルに押し当てて謝り始めました。

IT会社の社長をしている僕が妬ましかったことと、遊び心で今なら愛子が自分のものになる事を計算して、愛子に僕のところから逃げるように言ったそうです。
愛子はコップの水を男性にかけて、その場を立ち去ったそうです。友人のところに落ち着くまで、泊めてもらって、それから僕に連絡が入りました。
愛子は「今更許してもらえないかも知れないけれど、戻ってもいいかな?」と、連絡をくれたのです。
もちろんそうするように、友人が説得してくれたのは言うまでもありませんが、愛子との復縁は成功しました。
それにしても、復縁屋さんの機動力には感謝するばかりですね。あの時、お昼休みに会社に戻っていなければ、社員がネットを見ていなければ、今の状況にはなっていなかったでしょう。
復縁したいと思って、諦めずに、偶然とは言え、復縁屋さんを知ることが出来た僕たちは、ラッキーでした!”

相手の男性に騙されずに済みました!

年齢

30代後半

相手の年齢

30代前半

職業と住んでるところ

奈良県 IT会社社長

相手の職業と住んでるところ

和歌山県 フリーWEBデザイナー

趣味

ダーツ

相手の趣味

発掘

※ご相談者、体験応募者のプライバシー保護のため、お名前、職業、内容を一部修正しています。
復縁屋株式会社では、相談者の復縁のためのせいいっぱいの努力を行っています。
復縁の可能性は、100%ではありませんが、復縁屋の専門スタッフと、ご相談者様の努力によって、可能性は格段に上昇します。ここに記載された復縁事例は、成功例にひとつであり、失敗事例もございますが、どうぞ、復縁したいという想いの時は、未来の可能性を運命にするための、弊社復縁相談窓口くまでご相談いだたければと思います。

復縁屋株式会社復縁相談・復縁工作サポート費用・料金体系