人生で一番努力した復縁計画

家庭に不満はありませんでした。子供もいません。夫を愛しているのか?と聞かれると「愛している!」と答えられます。
だけど・・どうしても夫以外の男性が気になって仕方ないのです。自分でも、もしかしたら精神異常なのか?と疑ってしまうほど・・
夫と一緒に居る時は、何ともないのですが、仕事の通勤途中や、友達との飲み会などで、気になる男性が必ず現れます。結婚するまでは、彼一筋で他の男性なんて、はっきり言って「男」として見てませんでした。と、言うより見えてませんでした。
なのに、結婚して2年半。夫が嫌いになった訳でもないし、生活に不満がある訳でもない・・自分の感情が正しいのか、どこかおかしいのか・・とにかく、恋愛をしたい!と願って、妄想してしまうのです。
悩み始めて、優しい夫に申し訳なくて、別れる事を決意しました。突然離婚を切り出したので、夫からは、ちゃんとした理由を求められましたが、本当の事は言えず、ただ、「疲れたの・・」との理由でお願いしました。
納得出来ないと詰め寄られましたが、私が一方的に家を出てしまったので、流石に諦めたようです。離婚届は、夫の友人が届けてくれました。その友人からも、「あんな優しい、良いやつを悲しませるなんて、酷い女だな!」と罵倒されました。
でも、恋愛したい気持ちが止められない以上、別れるしかありませんでしたから。正直、夫には申し訳ないと思いましたが、これで自由に恋愛が出来る!と解放感に包まれていたのです。
数カ月は、自分でも昔のキラキラした自分が素敵に思えて、毎日が楽しかったです。
3カ月を過ぎた頃でしょうか、アパートに帰ると、これまで楽しかった生活に、不安を覚えるようになりました。「なんでだろう?」と考えてもみましたが判りません。気のせいだと、自分に言い聞かせてました。
恋愛の方は、気になる人にアプローチしたり、食事に行ったりと満喫していました。ただ、2回ほどデートをすると、お約束のように体を求めてきます。まぁ大人の恋愛ですから、当然といえばそれまでなのですけど・・
どうしても、一線を越える事は出来ませんでした。大抵、2回ほど関係を断ると、男性は去っていきます。「なんだ、体が目当てだったのか・・」と急速に想いは冷めて行きます。
でも、次の恋愛が出来ると喜んでいた自分もいたのは事実です。夫と別れて、これまで6人の男性を好きになり、お付き合いをしました。早い人で、知り合って3日目で、ラブホ街につれて行かれました。遅い人でも、2週間くらいで求められます。
仮病を使ったり、まだその時期じゃないと断ったりします。私自身も欲求が無いわけではありませんが、何故か体の関係だけは無理だったのです。
それからは、好きになる気持ちはありますが、自分からアプローチをするのが怖くなっていました。「私は、一体どうしたんだろう。あれだけ恋愛がしたいと願っていたのに・・せっかく夫とも別れて、独身に戻ったのに・・」そう、悩みだしてしまったのです。
親友に話を聞いてもらいました。最近、寂しい想いを感じるようになった事。恋愛に臆病になってしまった事。体を求められると拒んでしまう事。小学校からの親友なので、私の性格は誰よりも判ってくれています。離婚の時も、唯一、相談した相手でした。その時は、離婚を考え直すように諭されたにも関わらず、離婚してしまったので、気まづい事もあって、連絡は取っていなかったのです。

相談して言われた言葉は・・「あなたは、いつも勇さん(夫のあだ名です)に守られていて、勇さんがいるから、好きな事出来てたのよ」そう言われました。確かに、恋愛時代から、私の行動に文句を言われた事はありませんでした。結婚してからも、同じです。
職場の女子に頼まれて、既婚者である事を隠して合コンに参加しても、後輩の男子に車で送ってもらっても、「自分が正しいと思ってるならいいんじゃない。俺は、信じてるから」そう言って、文句は言われた事がありませんでした。

ただ1つ怒られる事とすれば、嘘をつくことだけでした。親友は「勇さんはあなたにとって、夫でなく家族になってしまったんだよ。安心し過ぎて、勇さんとは別の男を思っちゃうんだよ。でもそれは、勇さんがそばに居たから出来ていた事なんじゃないかな」そう言われて、泣きだしてしまいました。そう、私は夫がいたから好きな事を楽しんで出来てたんだ。夫がいなければ、楽しい事は無くなってしまうんだとわかった時に、もう一度夫と暮らしたい。やり直したい。その思いがあふれてきました。
でも、引きとめる夫を突き放すように、勝手に飛び出した私です。どうすれば、復縁出来るのか、ネットで復縁屋、別れさせ屋、探偵事務所浮気調査などいろいろ調べました。

復縁屋、別れさせ屋へ相談しました

いろいろ調べて親友とも相談して、結局復縁屋の専門会社に相談しました。復縁屋の復縁カウンセラーの方から、「復縁したいいう思いは本気なかの?」と念を押され、私は強く頷きました。

復縁屋さんが調べてくれた夫の情報を元に、復縁カウンセラーの方からアドバイスが有り、私は一生懸命努力しました。
先ずは、工作員の方が、夫の友人に接触しそこから夫を含む数人の友達と一緒に会って話をしてくれました。
私が別れた理由は、夫には全く原因は無く、ただ私が会社の人間関係で悩んでいた事が原因であったので、そういうことに肯定的になるように、心理誘導して貰いました。
同時に、現在、夫に既に交際している相手がいるのかを調査してくれたのです。
夫の友達からの情報では、夫はまだ私への想いを引きずっているといの事。しかし、その反面、納得できる理由も無く一方的に別れた私に、怒りを感じている事も話してくれました。

工作員は、「大切な人は大切ですよ」と誘導し、少しずつ、友達も含めた復縁への雰囲気作りをしていきました。
私は復縁カウンセラーの方からのアドバイスを一生懸命実行しました。と、同時に浮気性とも呼べる、恋愛症候群を自力で変える努力もしていました。夫と一緒に暮らしたいと思う想いがあっても、どうしても気になる男性が出て来てしまうのです。もう、ホント病気です。恋愛したい妄想をしないようにするには、結構辛いものがありました。
復縁出来たら、朝ごはん、お弁当、晩ご飯が美味しくちゃんと作れるように、料理教室に通いました。毎日ギリギリまで寝ていた生活を、朝6時には起床出来るように頑張りました。やっと、お弁当が作れるようになった時、作戦は開始されたのです。

私は夫の為にお弁当を作ります。それをときどき届けるようにしました。最初は渋々でしたが徐々に普通のやりとりになってきて、メニューのリクエストもくれるようになりました。
ものすごくし久しぶりにあったとき、たぶん数分だったと思います。でも別れる間際、私に夫の左手薬指に、まだリングが残っているのを確かに見ました。そうやって、1ヶ月くらい、毎日お弁当を届け、そのまますぐ帰るというのをしました。

復縁作戦は、最終段階に入りました。私は、どうしてもちゃんと伝えたいことがあるとは、昔付き合っていたところによく言った喫茶店で夫と待ち合わせをしました。私の心臓は、夫に聞こえるのではと思うほど、大きく音をたてています。私たちの前に座った夫を見て、涙がこぼれるのを一生懸命ガマンしていました。
私は、思っていること、別れた理由。私が朝早起きして、お弁当を作り続けたこと。そして、これまで騙した事の謝罪。をひとつひとつ話し、そして誤りました。

本当の事出言えないこともありました。でも、何度も何度も心から謝りました。そして、別れて始めて、夫が大切であった事がわかった後悔。自分が変わる為に、お弁当が作れるようになった事。お寝坊を治して、早起き出来るようになったこと。まだまだ、たくさん努力しないといけないけれど、もう一度、好きになってもらえるよう、頑張ること。自分の気持ちを正直に伝えました。

涙で、詰まりながらでしたけど、ちゃんと話が出来ました。そして、新しいお弁当を夫に渡す時、初めて夫の顔を見る事が出来ました。夫は、優しく笑ってくれていました。
「でも、まさか君がまた来るなんて想像もつかなかった。ありがとう」そう、言ってくれたのです。
もう嬉しくて、嬉しくて、涙が止まりませんでした。

今回は、本当に親友や復縁屋の方には、感謝の言葉が見つかりません。独りよがりな私を、包み込むように優しく助けてくれました。今、私は夫と一緒に前の家で暮らしています。籍はまだ入れ直していません。それは、次の結婚記念日が再婚予定日だからです。
でも、本当に夫と復縁出来て良かったと思っています。親友には今度、いい人を紹介しようと、夫と計画しています。そして、次のお休みに、親友、夫の友人、みんなを招待して、ホームパーティーを開く予定です。感謝を込めて、私の手料理でおもてなしするつもりです。
今回、私は大切な物を永久に無くす所でした。みなさんも、自分にとって、誰が一番大切なのか、良く考えてみて下さいね。

人生で一番努力した復縁計画

年齢

20代後半

相手の年齢

20代後半

職業と住んでるところ

大阪府 会社員(中小企業事務職)

相手の職業と住んでるところ

大阪府 会社員(中堅会社営業マン)

※ご相談者、体験応募者のプライバシー保護のため、お名前、職業、内容を一部修正しています。
復縁屋株式会社では、相談者の復縁のためのせいいっぱいの努力を行っています。
復縁の可能性は、100%ではありませんが、復縁屋の専門スタッフと、ご相談者様の努力によって、可能性は格段に上昇します。ここに記載された復縁事例は、成功例にひとつであり、失敗事例もございますが、どうぞ、復縁したいという想いの時は、未来の可能性を運命にするための、弊社復縁相談窓口くまでご相談いだたければと思います。

復縁屋株式会社復縁相談・復縁工作サポート費用・料金体系

別れさせ屋・復縁屋参考サイト

愛を取り戻した物語。